病気

やはり包茎のことにより、病気へのリスクが少なからずあるというのは覚えておいてほしいものです。有名なところだと、亀頭包皮炎や尿路感染症などといったところでしょう。亀頭に出た炎症が尿路へと感染が広がって、おしっこをするときに、常に激しい痛みが生じる病気です。亀頭周辺の病気は尿路へと感染してきますので、亀頭包皮炎から尿路感染症へと発展して病気になる人も少なくありません。性器ヘルペスというものもあります。

疲れが溜まって口の周りにできる人は結構いるかと思いますが、このヘルペスが性器にもできるというものなんです。性器だけの痛みにとどまらず、頭痛など性器以外にも症状が出てきますのでこれも厄介な病気だといえます。この病気のリスクが本人だけにとどまればまだしも、これが女性にも影響してくるというのも事実なんです。簡単にいいますと、包茎のペニスが、性行為を通じて相手の女性に病気を誘発するといったことです。これに関しては他人にも迷惑をかけてしまってますので、そうなった場合は包茎という、事の重大さについて考えなければならないことでしょう。

亀頭と包皮の間に溜まる恥垢は、女性特有の恐い病気を招くというものなんです。女性が最も悩む病気の一つとして、「子宮頸癌」といものがあります。この「子宮頸癌」の原因は未だに明確なものが見つかっておりませんが、男性の付着してる恥垢から感染すると一つの説ではいわれおります。男性の恥垢がなくなれば、女性の大きな悩みも少なからず減ってはいくのではないのでしょうか。

Copyright © 2014 包茎のリスク All Rights Reserved.